渋谷の高級デリヘルとソープランドの内容を比較してみよう

私がソープランド(以下ソープ)を利用し始めたのには理由があります。まあ、「理由があります」と改まって言うようなことでもありませんし、そんな大それた理由なんてありません、風俗を利用するのに大それた理由なんて必要ありませんしね。私がソープを利用したのは、完全に友達の誘いがあったという理由があったからなのです。友人に誘われていなければ、私がソープをはじめとする風俗に手を出すことはなかったでしょうし、風俗とつながることなんてあり得なかったでしょう。

そもそも私が普通の状態ならば、友人の誘いを受けることすらしなかったに違いありません。私が友人の誘いを受けてソープに行ったのにもまた理由があるのです。理由の理由ですね。私はその時、とても落ち込んでいたのです。大学の留年が決定し、同時に大学の退学が決定したのです。私の家は裕福ではありませんから、奨学金を受けることができなくなった時点で(また、留年が決定した時点で)その年度末に退学をすることが義務付けられていたのです。

父親はフリーターで六十代を迎えていましたし、母親ももうすぐ六十代です。共働きをしたとしてもそこまで満足に稼げるわけではありません。また、父親はもともと自営業を営んでいた身ですから、年金もそんなに多額を収めていたわけではありませんから、自分自身の老後の生活自体危ういものなのです。なのに息子二人(私には兄がいます)が私立大学に通っていましたし、私に限っては一人暮らしをしていましたから、とてもとても負担をかけていたのです。

ですから私は退学が決定してしまい、とても落ち込んでいて半ば自暴自棄になっていたのです。そんな時、友人から「落ち込んどるなら女に慰めて貰いや」と言われ、私たちはソープに行くことになったのです。友人は風俗マスターを自称するほどの風俗通で風俗マニアで風俗中毒なので、お店選びなどは全て彼に任せることにしました。私は必要な金額を聞いてその金額を用意して友人についていくだけでした。

友人につれられて訪れた店は、繁華街にひっそりと佇んでいるような店で、周りにもソープが乱立していました。友人の話によると、ここはソープ街らしく、周りに同じ業態の店が乱立しているため競争が激しく、サービスも女の子の質も高いところが多いそうで、安心しました。

■そしてソープ初体験へ
店内に入り私たちは受付を済ませました。好みの嬢を選んでコースを選択してお金を払って個室(浴室)に通されました。そうして女の子が来るのを待って、女の子が来た瞬間の私のテンションの上がり具合は異常なものがあったようで、女の子にもテンションが上がっているのがバレバレでした。そして、私が何かあって落ち込んでいることも童貞であることもバレバレだったようで、とても良くしてもらいました。

二人で一緒にシャワーを浴びて浴室に入っている時に胸に抱き寄せてくれてそのままいわゆる「ぱふぱふ」状態になって私の話を聞いてくれました。話を聞いてくれたあと「今日は楽しもう」と言ってくれ、そのままプレイが開始。私は女の子の胸に甘えたまま胸を揉みました。それから前戯をして、いざ挿入となったのです。童貞ということで、相手がリードしてくれました。筆おろしセックスが終わり、プレイ後のおしゃべりをしていたのですが、その時にその女の子の連絡先をゲットすることができました(普通こんなことなかなかありません。ありえる話ではあるのですが)。

突然の連絡先ゲットに驚きながらも、「またなんかあったら連絡してきていいよ」ということなので、私は仕事がなくて暇な時間というのを教えてもらい、その女の子に電話をかけることにしました。

■そうして……。
そうしてお互いのスキマ時間に電話をするという関係が続き、とうとう私たちはプライベートで会うことになりました。友達にそれを言うと「俺も嬢の連絡先持ってるぜ」とのことで、やっぱり案外あることなのかなあと思いながらも嬢と私の家で飲むことになったのです。その女の子はとても可愛らしいファンシーな服装をしていて、なんだかすごく抱きしめたくなりました。実際抱きしめたのですが、とても柔らかく暖かくいい匂いがしました。

そうして女の子が持ってきた袋を開封し、お酒を開けました。ビールから始まり、日本酒、カクテルを飲んだところでかなり酔っ払い、利きビールをしたときにはお互いかなり酔ってしまっていました。そのまま私たちはプライベートセックスをし、朝を迎えたのです。朝を迎えるとその女の子が私の顔を抱き寄せていました、あの時のように胸に顔をうずめるような形になっていて、その状態でよく眠れたもんだなと自分に感心しつつもその柔らかい胸の感触を楽しんでいました。

こうして私たちはセフレになったのです。恋愛関係に発展した話だと思った人は残念でした、セフレです。

■渋谷の高級デリヘルでセフレができることもある
渋谷高級デリヘルに行ってセフレを作るという話は私だけのものではなく、結構ネット上にはゴロゴロと転がっている話ですから、頑張ってみる価値はありますよ。渋谷の高級デリヘルでも案外セフレを作ることができるものですね、私でも作れてしまうのですから。まあそういう目的でなくても風俗を利用するのはとても楽しいですから、もし作れなくても損はしないですよね。

◆>渋谷の高級デリヘルでは好きな場所で欲求解消ができますよ!
欲求不満になると、精神的にも安定しませんから自分の欲求を発散するためにも>渋谷の高級デリヘルを利用してみた方がいいと思います。風俗は悪い遊びだと思われている事もあるのですが、性欲を発散するために必要な遊びですし、風俗嬢もお金のために働いているのですから、「悪い」ということはないと思うんです。違法にならないように営業している風俗店なら、どんどん利用していいと思います。

フェラや手コキ、素股などのサービスで男性の性欲を満たしてくれます。最近は恋人がいない方にも「癒し」を提供していますし、恋人同士になったような気分を味わいながら性的な欲求を満たすことができますので、料金以上だと納得している方も多いと思うんです。欲求不満になると、イライラしてしまうという方もいらっしゃいますよね?>渋谷の高級デリヘルなら女性と一緒に新鮮な時間を過ごすことができ、最近ではプライベートな場所でのサービスを可能としている風俗もありますので、利用しやすいお店を選んで、楽しい時間を過ごしてみて下さい。

自宅に呼べるデリヘル・ホテルで遊ぶホテヘルという感じで、いろんな種類の>渋谷の高級デリヘルがあります。それぞれのお店を利用してみるというのもいいと思うんですが、基本的にはヘルスのサービスで、遊ぶ場所が違うだけなので、「雰囲気」が違うと思っていただければいいと思います。

渋谷高級デリヘルの公式サイトをお探しならこのデリヘルがオススメです!
■渋谷の高級会員制デリヘルならさくらTOKYO
■URL:http://sakuratokyo.biz/

これまでの体験してきたもの以上のものがある渋谷の高級デリヘル

皆さんも色々な風俗を利用してきたとは思うのですが、渋谷の高級デリヘルで感じられるものというのは、これまでに感じたことが無いものがあるのではないかと考えております。


Copyright© 2013年11月1日 これまでの体験してきたもの以上のものがある渋谷の高級デリヘル
http://www.velo-web.org All Rights Reserved.